2006年 06月 14日

業界の言葉使い

d0069398_2231746.jpg

2002年3月19日 Fuji FinePix 2500Z 使用

この業界 カタカナ業界ですが、礼儀 と言うものには厳しいものがあります。
日常の会話も、そういうところがあって 作法がいろいろと。

また、仲間内や、社内だと 質実剛健 だったり、そうでなかったり・・・。

私がアシスタントとして入社した会社は、写真部とデザイン部があった会社で
写真部 2名(師匠も含む) デザイン部(デイレクター2名) の4人がリーダーとして
会社を引っ張ってました。今はもう 全員 還暦を余裕で走破して御孫さんがいます

とある日の彼等の会話・・・

デイレクター氏[あのさぁーっ! ◯ちゃん あさってのスケジュールどうなのよ]
師匠 [◯◯ちゃんさぁ あさっては きついのよねぇ いつまでにすんのよ]
デイレクター氏[◯ちやんねえー 早ければ 早いほど いいのよね]
師匠 [そうは言っても ◯◯ちゃんさぁ、今 きつい のよぉ]

[ペチャクチャ] [ぺちゃくちゃ]

師匠 [ヲーーイっ!!! つぶりんっ!!! これ終わったら 明日の準備しとけっ!!!]
つぶりん [はいっ!!!!]返事だけは 天下一品であった。

ヒゲ面をした いかつい40才男たちの ドスの効いた声で この調子である。
文章にするとやはり 無気味である。

今の写真部は 先輩が取り仕切っている
年に一度くらいは、私を育んでくれたスタジオに遊びにゆくが

先輩 [おぉーつぶりんちゃん 久し振りじゃないの 元気?]
つぶりん [元気っすよ、◯◯さん どうですか?]
先輩 [うちは、全然ダメよぉ つぶりんちゃんはどうなのよぉ]
つぶりん [いやぁー ダメっすよ 景気悪くて]

[ペチャクチャ] [ぺちやくちゃ]

つぶりん [◯◯ちやん ほんと そうなのよねぇ ]

・・・やっぱり 無気味。

※業界全体が、このようではありませんので 、御理解の程宜しくお願いします。
[PR]

by tsuburin | 2006-06-14 22:44 | 日常


<< 6月15日 の ポロ      ポロが怒った!!! >>