2006年 06月 30日

脱出して心配した理由のひとつ [ポロの行動]

d0069398_2345967.jpg

2006年6月19日撮影 SIGMA SD9 使用

ポロの散歩と言うか 行動範囲というか
我が家を起点に半径約1350メートル(もちろん直線距離 地図上での数値)
くらいあります。

この範囲の中でなら ポロはおそらく 自力で帰ってこれるでしょう
日頃散歩にいって 訓権もしているから 多分大丈夫だと思うけど
でもなぁこればかりは、実際になってみないとわからないから。
役にたって欲しくないし・・・

日々の散歩もルートを変えて 出かけていますが
時々 ポロがあきるのか 普段と違うところに行く事があって
驚かされる事がある。普段は行きたがらないところに、突然 行くんですよぉ
歴代の犬たちとは ちょっと違う行動をとる。

ある意味でポロの第六感みたいのがあるのだろう。

それにしても 日々のルートを考えるのは きつい事もあります。
ポロと気持ちが合った時は 良いのだが ずれたら そりゃあもう大変
へそを曲げて動かないのである。
あんな顔していて 結構頑固なんだよぉーー。

いつも寄るお店は決まってるが 時々無視して行かない時もあるし・・・。
本人(本犬?)は何か考えているのだろう。

でも 予期しない行動をとったりするのを見ると やっぱりダックスフンドだなぁと思う

それに 動くもの 自動車 電車 特にバイク が大好きで
一緒にどこまでも追い駆けるんです。
やっぱり、猟犬なんだよねぇ
救急車や消防自動車のサイレンが大好き それと工事現場なんか じぃーと見ているし
お祭りなんかも大好きで ウキウキしてます。
国道沿いを散歩するとどこまでもスタスタと歩きますよ。

こういうポロだから、いなくなった時は途方にくれましたよ。
[PR]

by tsuburin | 2006-06-30 23:11 | ポロ ダックスフンド


<< 現像所はどうなるのかしら?      脱走した翌日のポロ >>