つぶりんの独り言 by tsuburin

ysuburin.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 05日

2000年前の蓮でした。

d0069398_15542617.jpg

昨日の蓮の花ですが、
調べてみました。

名称 大賀蓮(おおが はす)
由来 
昭和26年、植物学者、故大賀一郎博士が旧東京大学総合運動場(東京大学検見川厚生農場 = 落合遺跡)の遺跡あとから発見され、採取された蓮の種子は世界最古の種子と認められて
昭和27年そのうちの一粒が発芽しました。
2000年前の蓮として注目を浴びました。
植物学者、故大賀一郎博士が発見した事から
大賀蓮(おおが はす)と呼ばれてます。

開花している時間は非常に短いそうで、
この開花した状態が撮れたのは、幸運だったのかも知れません。

現在、千葉県天然記念物に指定されています。
世界最古の花だそうです。

今日も見て来ましたが、もうこの花は蓮の上に落ちてました。
他のつぼみがあったので、また咲くのかも知れません。
花の真ん中にある筒みたいな形がどうも特徴のようです。
開花して閉じるを3回くり返して
4回開花した後は散ってしまうそうです。
その間、ピンク色から白色へと変化して、散ってしまうそうで
私が撮影出来たのは最後の開花だったのでしょう。
[PR]

by tsuburin | 2007-07-05 16:10 | 日常


<< 一夜明けた今日の大賀ハス      ある夏の夜の思い出・・・ >>