つぶりんの独り言 by tsuburin

ysuburin.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 12日

あの日から、22年目の御巣鷹山

1985年8月12日、日本航空(当時)123便が
御巣鷹山に墜落して、今日で、22年。
私にとっても、忘れられない日です。

日本航空123便墜落事故 wikipedia

去年と同じ事を書きますが、

運命が間違わなければ
私も、あの123便の乗客でした。
歯車が狂い、123便に乗らず
そして、今も、生き延びております。

乗客名簿に知人の名を見つけて、ショックを受けました。

私にとって、この日と
雲仙普賢岳の火砕流の事は、いつまでも忘れる事が出来ません。
撮影の内容は申し上げられませんが
この時も、運命が狂わなければ、あの雲仙普賢岳にいたかもしれません
そして・・・
雲仙普賢岳、数人の友人知人を火砕流で亡くしました。

22年前の、あの日も今日と同じく暑くてセミが鳴いていました。

合掌。
[PR]

by tsuburin | 2007-08-12 14:04 | 日常


<< 誰もいない町とは・・・どこ?      誰もいない町 >>