つぶりんの独り言 by tsuburin

ysuburin.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 19日

ワイン王と云われた男の別荘

d0069398_1527747.jpg

2007年9月8日 撮影 Sigma SD14 使用
d0069398_15281286.jpg

2007年9月8日 撮影 Sigma SD14 使用
d0069398_15284491.jpg

2007年9月8日 撮影 Sigma SD14 使用
d0069398_1529042.jpg

2007年9月8日 撮影 Sigma SD14 使用
この別荘が作られた頃は、写真に写っているマンション近辺から先は海(東京湾)でした。

平成9年国登録文化財
千葉県千葉市稲毛区稲毛1-8-35 千葉市民ギャラリーいなげ内

明治・大正時代の実業家でワイン王といわれ、
ぶどうの栽培からワインの醸造・瓶詰めまでを一貫して製造し
現在の茨城県牛久(うしく)に日本初の本格的ワイン醸造場シャトーカミヤをつくった
神谷伝兵衛が大正7年(1918年)頃建てた洋風別荘です。
神谷伝兵衛の名を知らずとも、
浅草にある神谷バーを作った人と言えば、わかる方もいらっしゃると思います。
神谷伝兵衛が作ったシャトーカミヤ(シャトーカミヤの歴史)
日本のワイン発祥の地のひとつです。

d0069398_16165631.jpg

2007年3月1日 撮影 Sigma SD9 使用
現在の神谷バー
1921年(大正十年)落成(現在も使用している建物)
前身は1880年(明治十三年)四月
初代神谷傅兵衛は浅草区花川戸町四番地に
「みかはや銘酒店」を開業して酒の一杯売りを始めました。

d0069398_16174594.jpg

2007年3月1日 撮影 Sigma SD9 使用
神谷バー入り口
東京都台東区浅草1丁目1番1号
ここで、有名なのがデンキブランと言うカクテル。
1882年(明治十五年)に速成ブランデーの製造販売を始めました。
これが、現在のデンキブランの始まりです。
何故デンキブランなのか?
明治の初頭、目新しいものは電気◯◯◯◯と呼ばれたそうで
このハイカラな飲み物も電気ブランデー略してデンキブランと呼ばれたのでした。

現在のデンキブランはアルコール30度、デンキブラン<オールド>は40度です。
デンキブランのお値段
一杯¥260
生ビールとともにデンキブランを飲むのが神谷バー流だとかで・・・

明日は、旧神谷伝兵衛稲毛別荘の部屋を廻ってみましょう。
[PR]

by tsuburin | 2007-09-19 16:58 | 東京見物


<< モダニズム溢れる旧神谷伝兵衛稲...      草の中で、ポロ助・・・。 >>